ブラックフォーマルQ&A

葬儀のときのアクセサリー

葬儀に着用するアクセサリー

ブラックフォーマルだけだと黒く重たいイメージになるので、ワンポイントでアクセサリーを使うのが鉄則ですが、アクセサリー選びを間違えてしまうとマナー違反になってしまいます。

男性と女性の葬儀のときのアクセサリーは以下の通り。

この記事でわかる情報

男性の場合

結婚指輪のみをつけるのがマナーです。
目立つ時計やブレスレットは原則つけてはいけず、ネクタイピンなどもマナー違反となります。

女性の場合

女性の場合もアクセサリーは結婚指輪のみ。
髪のピンなどもあまり目立たないものや、黒いゴムでとめるのが基本です。
普段ネイルをしている場合は、ネイルをとってしまうのがマナーです。
なかなか難しい部分もあるかもしれませんが、葬儀ではシンプルで清楚な格好が求められますので、濃いメークやカラフルなネイルはNGとなります。

結婚指輪以外のアクセサリーはパールやネックレスなど一点だけ身につけるのがいいでしょう。
バッグも余計な金具がついておらず、シンプルな黒色のバッグが好まれます。
普段使っているものとは別に、冠婚葬祭用のバッグを購入しておくと、万が一必要になったときもすぐに対応できるので、おすすめです。

また、冬になるとコートを着る方も多いかと思いますが、葬儀の場合は毛皮のコートがNGです。
殺生を連想させるため、毛皮のコートは縁起が悪いとされています。
バッグのタイプも肩からかけるショルダータイプではなく、手に持つタイプが基本です。
しかし、こちらの場合は仕事帰りなので、やむなくショルダーバッグで参列されることもあるかと思いますので、そういった場合はショルダータイプでも問題はありません。