ブラックフォーマルのマナー

準喪服のマナーと着こなし方

準喪服のマナーと着こなし方

一般会葬者は、遺族や近親者より格式を下げた装いにするのが、マナーです。

スタイル

●女性の洋装・・黒のワンピース、スーツ、アンサンブルなど。光沢のあるものや透ける素材は避けます。長袖が正式です。スカート丈は、ひざ下からミディ丈までです。
スーツのインナーは黒でまとめるのがルールです。カットソーやニットはカジュアルになりすぎるのでおススメできません。
派手にならない程度の部分使いであれば、レースやサテン、ベロアやモールなどの素材も許されます。
靴、ストッキングは黒が無難ですが、お通夜や法事の席であれば肌色でもいいでしょう。

●女性の和装・・地味な色無地の三つ紋か一つ紋。帯と帯挙げ、帯締めは黒。
長襦袢、半衿、足袋は白。

●男性の洋装・・ダブルまたはシングルのブラックスーツ。ワイシャツは、白無地、ネクタイは黒無地の結び下げでタイピンはつけません。
靴下、靴ともに黒。靴は光沢のないものを。

大人のマナーとして立場に応じた装いを心がけたいものです。