着用シーン別

喪服と礼服の違いから、購入のポイントをご紹介!

購入ポイント

喪服・礼服が買えるおすすめ通販サイトはこちら

B-GALLERY


おすすめポイント
メーカー直販のブラックフォーマル(喪服・礼服)のショップ「B-GALLERY」。平日15時までの注文なら即日発送と、お急ぎの場合も安心のお店です。
なかでも、「かわいい喪服を着たい」というお客様の声から誕生した「フォーマルアンサンブル」楽天・Yahooで21週連続ランキング1位を獲得するほどの人気商品です。

メアリーココ

ブラックフォーマル
おすすめポイント
メアリーココは、1万円台からのブラックフォーマル(喪服)を販売しているレディーススーツ専門店。
大きいサイズも小さいサイズも充実した品揃えが魅力で、5号から19号までのサイズ展開をしているので、「他の人より少し小さい(大きい)サイズのが欲しいなあ」と考えている人におすすめです。

喪服・礼服を買うときのポイント

お葬式や通夜・告別式などで着ることだけを考えれば、「そんなに頻繁に着るものじゃないし、あまり高いものは必要ない」と思いがちですが、少し注意しないと大変なことになることも。

喪服・礼服などのブラックフォーマルは一見同じ黒色に見えますが、実は服によって「色の濃さ」が違います。
一般的に、この「色の濃さ」は安い喪服・礼服ほど薄く、高級な喪服・礼服ほどこ濃いと言われています。

特にこの「色の濃さ」は、お葬式や通夜・告別式など同じブラックフォーマルを着た人が集まる場所ほど目立ちます。

お葬式や通夜・告別式はファッションショーではありませんから、無理をしてでも高い服を買う必要はありませんが、例えば会社の人が多くいる場合であなたがある程度上の立場の人間であるならば、立場に見合ったそれなりの喪服・礼服を着ている方が良いでしょう。

喪服と礼服の違い

同じブラックフォーマルですが、喪服と礼服には違いがあります。

喪服は弔事用なので通夜や葬式・告別式で着るものであり、結婚式などの慶事、つまり祝い事には着ていくことができません。

しかし礼服ならば冠婚葬祭すべてに着ていくことができるので、葬式から結婚式まで幅広く使用することができます。

また当然のことですが、通夜や葬式・告別式などでは光沢のある派手なものはマナー違反となりますので注意してください。

お葬式の際の服装の注意点

女性で和装ではなく洋装を着る場合は、黒のアフタヌーンドレスを着用するか、光沢のない黒無地のワンピースを着用しましょう。
スーツやアンサンブルでも、黒ならどれでも大丈夫です。

えり元が詰まったデザインで袖は、長め、スカート丈は正座したときにひざが隠れる程度にします。
透けたり光沢のある素材は避けましょう。

アンサンブルは夏冬兼用で便利ですが、夏でも儀式中は長袖の上着を着るのが原則ですので注意してください。

アクセサリーは結婚指輪、一連のパール以外はつけないのが正式です。