ブラックフォーマルのマナー

略式喪服のマナーと着こなし方

略式喪服のマナーと着こなし方

急な弔問や通夜、三回忌以降の法事で着用するのが略式喪服です。
形式にこだわらない「お別れの会」のような席や、葬儀後、時間を置いて故人宅を訪ねる時などにも向きます。

スタイル

●女性の洋装
黒のほか、紺やグレーなど地味な色のシンプルな装いなら平服でもかまいません。黒のブラウスとスカートの組み合わせもいいでしょう。
女性のパンツスーツもオーソドックスなデザインなら略式喪服として使えます。

肌を露出させるものは避けます。ベルトは黒がベターです。
男性なら白いシャツを着ますが、女性はインナーまで黒でまとめるのがルールです。

靴は黒、ストッキングは黒または肌色。
冬などは、プレーンなデザインであればショートブーツでも構いません。

●女性の和装
無地に近い地味な小紋などに、黒紋付きの羽織を重ねます。
羽織の紐は白の組みひも。
帯や長襦袢などは準喪服に準じます。

●男性の洋装
ダークスーツ。色は濃紺や濃いグレーなど。ダブルでもシングルでもよい。ワイシャツは白無地。ネクタイ、靴、靴下は黒。

●略式喪服に合う小物
バック、念珠、ふくさ、その他小物(パールアクセサリーなど)。
2連、3連のネックレスは「不幸が重なる」ということでNGです。
毛皮や革、爬虫類素材は「殺生」をイメージするので、これもNG。

こういった小物類もブラックフォーマルの専門店で購入すればマナー違反になることはないので、安心です。

お通夜やお葬式のバッグの選び方