ブラックフォーマルのマナー

正喪服のマナーと着こなし方

正喪服のマナーと着こなし方

喪服としてのブラックフォーマルにも3種類があります。
式典の種類、参列する立場、故人との関係などによってふさわしい装いをしましょう。
正喪服は、遺族や近親者が着用する喪服のことです。

公的な葬儀や一周忌までの法要などで、喪主、親族など、故人に近い、改まった立場にある人が着用します。弔事での最も正式な装いになります。

スタイル

色は黒に限られたシンプルなワンピース、スーツ、アンサンブルです。
スカート丈はひざ下からくるぶし丈までで、つまった襟とひじの見えない袖丈が原則です。

素材は、最も格が高いとされるのは無地、または地味な紋織り。
最近は、ジョーゼットやジャガードなどもあります。
光る素材や透けるものは避けましょう。

小物使いは最低限にして、白か黒の真珠、またはオニキスなど黒いネックレスやイヤリングをつけます。
不幸が重なるとされるので二連・三連のものはNGですよ。
その他小物も極力黒で揃えます。

弔事の装い最新ルールQ&A
弔事の装い最新ルールQ&A黒といえばブラックフォーマルですが、なかでもわかりにくい弔事の装いの最新ルールとはについてQ&A形式で紹介します。 最近増えている...